2017.03.07

「みんなでバチバチ」守る、
ガンバの変則システムはハマるとすごい!

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 戦術的な側面だけでなく、この日のG大阪にはメンタル面の充実もあった。それを導いたのは、やはりACLでの惨敗だ。

「ACLでは球際も負けてたし、攻撃の形も作れなかった。守備でも強くいけなかったというのがあったから、悔しさしか残らなかったし、自分たちでも情けないなという思いがあった」

 今野が口にした危機感が、G大阪の選手たちの身体を突き動かしていたであろうことは想像に難くない。出足の鋭さで相手を上回り、連戦の疲労を感じさせず、運動量でも柏を凌駕した。2ゴールを奪い勝利の立役者となった長沢も「みんなでバチバチやっている感じが楽しかったし、同点にされても集中は切れていなかったので負ける感じはしなかった」と充実感を口にしていた。

 ただし、不安がないわけではない。長谷川健太監督はACLも含め、今シーズン消化した4試合でほとんど同じメンバーを起用している。ゆえに主力の”勤続疲労”が懸念されるし、チームの総合力を高める作業は置き去りとなりかねない。

 もっとも倉田が指摘するように、「とりあえず今は自分たちの形を作らないといけない」と、まだ試行錯誤の段階にあるようだ。ある程度メンバーを固定し、土台となる形を作っている状態。肉づけ作業は、まだこれからなのだろう。