2017.02.24

目利き5人が大胆予想。
今季J1、全18チームの順位はこうなる

  • photo by Yamazoe Toshio

ACLで早々に敗退しそうなレッズがV候補。
大穴は昇格組のセレッソ

中山 淳氏(サッカージャーナリスト)

1位 浦和レッズ
2位 セレッソ大阪
3位 鹿島アントラーズ
4位 柏レイソル
5位 ヴィッセル神戸
6位 横浜F・マリノス
7位 ガンバ大阪
8位 川崎フロンターレ
9位 サンフレッチェ広島
10位 FC東京
11位 アルビレックス新潟
12位 サガン鳥栖
13位 大宮アルディージャ
14位 ヴァンフォーレ甲府
15位 ジュビロ磐田
16位 ベガルタ仙台
17位 清水エスパルス
18位 北海道コンサドーレ札幌

 戦力的には、鹿島が頭ひとつ抜けているが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で勝ち進んでいきそうな気配があるので、過密日程となるシーズン後半が”鬼門”となる。逆に浦和は、ACLのグループステージが難敵ぞろいで早々に敗退しそう。結果、リーグ戦に集中できるため、優勝候補の最右翼となる。

 大穴は、昇格チームのC大阪。欧州帰りの清武弘嗣(セビージャ/スペイン→)を含め、予想以上に戦力の充実が図れた。しかも、かつて厳しい練習で鳥栖を強豪クラブに押し上げた尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督が指揮官となり、他チームが疲労で失速するシーズン後半での猛チャージが期待できる。また、リーグ随一の破壊力を秘めるブラジル人3トップを擁する柏も、上位に食い込んできそうだ。

 降格候補は、昇格組の札幌と清水が濃厚。戦力ダウンの印象が強い仙台も危険だ。例年、降格候補に挙がる甲府は、FWドゥドゥが残留し、FWウイルソン(仙台→)の加入が好材料。加えて、京都サンガで成長を遂げたMF堀米勇輝が活躍すれば、残留濃厚と見ていい。

 中村俊輔(横浜FM→)が加入した磐田は、得点源のFWジェイが抜けた穴を埋め切れていない。今季も苦戦必至だろう。