川崎F・中村憲剛が語る、新たな
得点パターンと「初めての守備練習」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

「(昨季)アントラーズが優勝したとき、伝統の力がうんぬんと言われた。それは、Jリーグが始まった当初から結果を出して、それからずっと勝ち続けてきたからこそ、言えることだと思うんです。同様に、フロンターレが『ここ一番の勝負に弱い』と言われているのは、今までの俺らの結果なんです。結局、勝たないと何も言えない。

『いいサッカーだね。でも、勝てないね』って言われるのはもう飽きたし、俺らは早くアントラーズのいる領域にいきたい。そうじゃないと、いつまで経っても『勝負弱い』と言われ続けて、前に進めない。だから、今年は勝つことにこだわる。勝つために、みんなで盛り上げてやっていかないといけない」

 中村の言動からは、勝つためには何でもやる、という覚悟が見て取れる。それこそ昨季、泣きたくなるような悔しい経験を何度となく重ねてきたからだ。

 この4年間、封印してきた4つのテーマを実現し、是が非でもタイトルを勝ち獲る。そして、「ここからがフロンターレの伝統の始まり」と言って笑える瞬間を、中村は楽しみにしている。

■Jリーグ 記事一覧>>

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る