2016.04.26

レッズに「ケンカ負け」。フロンターレが首位決戦で圧倒されたわけ

  • 木崎伸也●文 text by Kizaki Shinya
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 スコアこそ1-0だったが、内容に関しては一方的な展開だった。J1ファーストステージ第8節、首位攻防戦となった大一番は、3位の浦和レッズが1位の川崎フロンターレにアウェーで完勝。トップの座を奪い取った。

 この日の浦和の勝因をひと言で言えば、「猛烈なプレス」となるだろう。高い位置から激しく体を寄せ続け、川崎のビルドアップに恐怖心を植えつけた。特に2列目に入った李忠成の鬼気迫るプレスは、日本代表でもなかなか見られないパワフルなものだった。例えば後半2分、FKのこぼれを川崎のDF谷口彰悟が後ろに戻したとき、ボールを受けたMF登里享平に李が突進してぶつかった。ボールこそ奪えなかったものの、確実に川崎のリズムを乱した。

 走力に重きを置くドイツでは、90分間プレスをかけ続けられるチームを、敬意を込めて「プレッシングマシーン」と呼ぶ。まさに今の浦和にふさわしい称号だ。誰ひとりサボることのない戦士の集団だった。

 川崎はケンカで負けた――そう表現するのが一番しっくりくる。

レッズの厳しいプレッシャーに屈したフロンターレ もちろん、川崎もリーグ一の得点力を誇るチームで、チャンスがなかったわけではない。前半40分にFW小林悠のクロスにMF田坂祐介が走り込み、完全にフリーな状態で合わせた(ミートできず枠外)。他にもカウンターによって見せ場を作った。