2016.03.07

悪くても勝つ。鹿島アントラーズは「3強」を脅かす存在か

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Shingo Ito/AFLO SPORT

 豊田封じに成功したセンターバックコンビ。しかし、だからと言って鹿島の守備は、彼らだけが支えているわけではない。昌子は「守備と言うと、どうしても僕やナオやソガさん(GK曽ケ端準)が注目されがちだが……」と続け、こう言い添えた。

「それは、前線からの守備があるからできること。最後、僕らのところには(前線からの守備が機能することによって)限定されたボールしか来なかった」

 試合の流れを見極め、無理に追加点を狙いに行くのではなく、確実にリードを守って逃げ切る。昌子は「前線の守備からしっかりやるのが、鹿島らしいサッカー」と評したが、隙のないしたたかな試合運びは、なるほど、さすが鹿島だった。

 こうした対応には、敵将も舌を巻いた。フィッカデンティ監督は、「守備を優先して戦ったとき、鹿島のようなチームは強い。うまく戦われてしまった」と、悔しさをにじませながらも、相手を称えるしかなかった。

 もちろん、攻撃面、すなわち点を取ることに関しては物足りなさが残った。昨季ブレイクの兆しを見せたFW赤﨑秀平には、リズムよくプレーできていない印象を受けたし、カイオも攻撃の切り札としては十分な役割を果たせなかった。

 だが、攻撃は水物。長いシーズンに必ず波があり、相手の対応次第でも大きく変化する。鹿島が開幕からの2試合で奪った得点はわずか2点。それでも2試合連続1-0で勝ち点3をもぎ取っていくあたりに、鹿島の強さが際立つ。