2016.02.27

阿部勇樹は誓う。「優勝して家族に『ありがとう』って言いたい」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

浦和レッズ・阿部勇樹インタビュー(後編)

前編はこちら>

 阿部勇樹は、今季も浦和レッズのキャプテンを務める。2012年にレスター・シティ(イングランド)から復帰して以降、5年連続となった。キャプテンとして特別目立ったことはしていないが、チームの中で果たすべき役割は、十分に認識している。

5年連続で浦和レッズのキャプテンを務める阿部勇樹 例えば、試合に負けたあと、当事者である選手としてみれば、記者に話をするような気分になれないときがある。だが、阿部はメディアから逃げることなく、冷静に対応し、話をする。それが、キャプテンの仕事のひとつだと自覚しているからだ。

「キャプテンとしては、まずは監督がトライしていくレッズのサッカーを、しっかりと実践できるようにすること。そのうえで、チームがうまくいっているときと、うまくいっていないときがあるんですが、流れが悪くなったときに、(キャプテンとしての)出番があるのかなって思っています。試合後も、勝ったときなどは、他にたくさん話をする選手がいるのでいいんですが、逆に負けたときは、キャプテンというのもあって、よく(記者から話を)聞かれるので、その際はしっかりと話をします。

 選手の表情や、チームの雰囲気は、よく観察するようにしています。チームには、明るさのバロメーターと言える選手、例えばうちでは森脇(良太)とかいますが、彼らの元気がないとチームもおとなしい雰囲気になってしまう。そういうところは注意して見ていて、できるだけいいムードを保てるように心掛けています」