2015.10.21

イラン戦で判明。日本代表の最大の課題は「パススピード」

 日本代表は10月15日に行なわれたW杯アジア2次予選で、シリアに3-0で勝利。この結果で日本は勝ち点を10に伸ばし(3勝1分け)、グループEの1位・シリアに勝ち点で2差に迫った(試合数は4勝1敗のシリアがひとつ多い)。

W杯2次予選のシリア戦に続き、親善試合でイランと戦った日本代表 photo by Getty Images E組3位のシンガポールも勝ち点10(3勝1敗1分け)につけるため、楽観視はできないものの、日本代表はW杯アジア2次予選の初戦でシンガポールに引き分けたつまずきを取り戻しつつある。
※2次予選各8組の1位と、各組2位の成績上位4カ国がW杯アジア最終予選に出場できる。

 シリア戦後、日本は最終予選で対戦する可能性があるイラン代表(現在2次予選D組2位)と10月18日にテストマッチを行ない1-1で引き分けたが、この試合で現在の代表チームの課題が浮き彫りになった。それがパススピードだ。

 イラン戦での日本代表はパスのボール速度が遅く、そのため相手に寄せられてプレッシャーを受けて慌てるシーンが多く見られた。