2015.06.04

福田正博が考察。香川真司の不調の原因と、復活への手がかり

 香川真司がブンデスリーガ最終節、5月24日のドルトムント対ブレーメン戦に先発出場して1ゴール2アシスト。その一週間後に行なわれた5月31日のドイツカップ決勝では、ヴォルフスブルクに敗れたものの先制点をアシストした。シーズン終盤でようやく香川らしい輝きを少し取り戻したといえる。

ドルトムントに復帰した2014-2015シーズン、思うような結果を残せなかった香川真司 photo by Getty Images 香川にとって、ドルトムントに復帰した2014-2015シーズンは、本来ならばシーズンを通して活躍する姿を見せたかったはずだ。香川は、マンチェスター・ユナイテッド移籍2年目の2013-2014シーズンはデビット・モイーズ監督に冷遇され、続くルイス・ファン・ハール体制では構想外になった。その香川にとって、彼を飛躍させてくれたドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、”失った自信を取り戻せる”もっともふさわしい指揮官だと私は考えていた。

 だが香川は、ドルトムント復帰初戦(フライブルク戦/2014年9月13日)こそ先発してゴールを決める幸先のいい船出だったものの、それ以降は精彩を欠いた。12月から1月にかけてはベンチ入りしても出場機会のない試合が続いた。

 その後、今年2月には先発に戻ったが、ミスをしないことを最優先にプレーしている印象を受けた。そのため、相手ゴール前で香川がボールを持っても怖さを感じないため、相手DFは強いプレッシャーをかけやすい状態だった。香川はチャレンジできなくなり、さらなる悪循環に陥ってしまったように思う。