2015.05.29

福田正博が分析する日本代表FW。ベストの人選と布陣は?

  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

6月16日にW杯ロシア大会のアジア予選、シンガポール戦を控えている日本代表。その攻撃陣の顔ぶれは、ヴァヒド・ハリルホジッチ体制になってどうなっていくのか。福田正博氏が考察する。

 日本代表の前線については、「4-3-3」フォーメーションの場合、右サイドの先発は本田圭佑で決まりだろう。彼の代わりは現時点ではいない。所属するミランで右のアウトサイドを務めることで、日本代表の攻撃にもいい影響が出たといえる。新体制になっても、本田は日本代表の攻撃のキープレーヤーだろう。

 本田の控えについては、W杯ロシア大会を見据えて、リオ五輪世代ほかの若手が出てきてほしいところではあるが、まだまだ未知数であり、ハリルホジッチ監督にとって難しい選択になると思う。

武藤嘉紀(左)、宇佐美貴史(右)ら若い世代の台頭も楽しみな日本代表FWのレギュラー争い 一方、左FWは乾貴士、宇佐美貴史、武藤嘉紀、永井謙佑と候補は多い。香川真司や清武弘嗣がここで起用される可能性もあるだろう。このなかでは、とくに宇佐美と武藤が活躍していることの代表への影響が大きい。Jリーグでプレーするふたりに注目が集まることで、日本代表への期待も高まってきている。

 宇佐美は自分で仕掛けて、相手の守備をドリブルで切り裂いて得点を決める。つまり、ゴールに対しての欲があり、「結果を残さなければ生き残れない」という意識を持ってピッチに立っている。これは武藤も同じで、彼らは常にゴールを目指してプレーする。FWで縦に行かない選手は怖くない。DFにとって、一番怖いのは縦に来られること。ボールも人も横に動いているうちは、DFにとって脅威にならないということだ。