2015.05.21

日本代表がW杯で格上に勝利できるベストな中盤を考える

  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 しかし、センターバックがバイエルンほどの強さではない日本代表が格上と戦うときは、アンカーひとりでは厳しいだろう。相手がどんな戦術かにもよるが、やはり4-2-3-1のダブルボランチのほうが守備は安定してリスクは減る。日本人は身体のサイズが大きくないので、中央の4人、つまりセンターバックふたりとボランチふたりで守ったほうが、スペースを埋めやすいということだ。

ハリルホジッチ体制でもキャプテンを務める長谷部誠ハリルホジッチ体制でもキャプテンを務める長谷部誠  反対に、対戦相手が格下だったら、ボランチをふたり置いておく必要はない。アンカーひとりにして、MFはどんどん前へ出ていけるほうがいいだろう。ただし、アンカーはあまりボールに食いついてはいけないポジションで、自分のエリアを留守にしてはいけない。ボールを奪いに行って、かわされてしまったら、センターバックの前のスペースがポッカリ空いてしまい、守備が混乱する。

 たとえば、バイエルンのシャビ・アロンソ(スペイン代表)は中央でドッシリ構えている。そして、ポジショニングがいいのでほとんどのこぼれ球を拾う。ただ、スピードがあるわけではないので、ガンガン前には出ていかない。

 日本代表の場合、W杯アジア予選であればボランチひとりでも互角以上に戦えるだろう。アンカーとセンターバックの3人で守りきれるからだ。アンカーひとりの場合、日本が主導権を握れる相手ならば長谷部誠、少し守備に比重をかけたほうがいいときは山口蛍がいいのではないかと私は思う。