2015.05.15

日本代表の弱点であるDFラインのベストな組み合わせは?

  • photo by AFLOSPORT

■日本の弱点、センターバックに期待の新星

 国内合宿が実施されるなど、6月のW杯予選へ向けて、ハリルホジッチ監督が率いる日本代表チームの土台づくりが始まっている。W杯本大会で格上に勝つために、カウンターだけではなく、ポゼッションもできなくてはいけないし、セットプレーも含めてゴールを決めるための引き出しを増やす必要がある。これから、そういうところをどれだけ緻密に積み上げていけるかだろう。

 今回は、DFラインについて考えてみたい。とくにセンターバックは、日本代表のウィークポイントと言われ続けているポジションであり、勝負を決める最重要エリアだ。有無を言わさず上がってくるボールに対して、ペナルティエリアの真ん中で屈強な相手FWに競り勝てるかどうか。フィジカルコンタクトで負けているようでは格上とは戦えない。アスリートとしての体の強さをもっとも求められるのがセンターバックであり、格上と戦ううえで絶対に強化をしなくてはいけないポジションといえる。

 また現代サッカーでは、アグレッシブにDFラインを高くする場合、センターバックにかかる負担はより大きくなる。なぜなら、守備陣形をコンパクトにしてDFラインを高くすると、センターバックの背後に大きなスペースができるため、そこを狙ってくる相手FWと競走できるスピードが要求されるからだ。そのため、センターバックはスプリント能力がなければいけないし、判断も早くなくてはいけない。それがより顕著になってきている。