2015.04.16

福田正博が語る「宇佐美貴史が代表で輝くための宿題」

 重要なのは、どんな形でもとにかくゴールを決めること。相手を抜きさることでも、美しいゴールを決めることでもない。華麗なゴールを1点決めるより、泥臭くても2点取ることのほうがチームに貢献できる。

 ペナルティエリア内でシュートを決めるためには、シュートを撃つときに、「難しい技術が必要ない状態」にすることが重要になる。そのためには、なによりも準備をすること。マークを外す動き、DFラインとの駆け引き、細かい動き直し。テレビには映らないボールのない場所での動きが、「準備をする」ということだ。ここの質を上げていけば、宇佐美がJ1得点王になる可能性はさらに高くなり、日本代表の攻撃の中心になっていけるはずだ。

関連記事