2014.09.20

鹿島vs.横浜FM、記念すべきリーグ戦50回目の老舗対決

  • 中山淳●文 text by Nakayama Atsushi 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 1993年に産声を上げて以来、今年で22回目のシーズンを迎えているJリーグ(J1リーグ)だが、創設時からリーグに参加するクラブは通称「オリジナル10」と呼ばれる。

小笠原満男(左)と中村俊輔(右)。ともにチームの歴史を作ってきたレジェンド 東から、鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパスエイト、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島がそれにあたる(呼称は当時のもの)。

 そして、1998年シーズンを最後に消滅した横浜フリューゲルスは別として、この「オリジナル10」の中で、まだ一度も2部に降格したことのないクラブがある。それが、鹿島アントラーズ、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)、清水エスパルス、名古屋グランパスエイト(現在は名古屋グランパスに改称)の4クラブだ。

 実は今シーズンの後半戦――、この4クラブによる対戦が、記念すべき「リーグ通算50回目」を迎えていることをご存知だろうか?

 すでにグランパス対アントラーズ(第19節)、エスパルス対アントラーズ(第21節)、F・マリノス対グランパス(第23節)はその対戦を終えているが、今週末の9月20日(第24節)には、アントラーズ対F・マリノスのカードがカシマサッカースタジアムで予定されている。

 アントラーズと言えば、Jリーグ史の中で最も成功しているクラブのひとつで、これまでにリーグ優勝7回(ステージ優勝5回)、ナビスコカップ優勝5回、天皇杯優勝4回など、他を圧倒するタイトル獲得数を誇ることで知られる、まさに常勝軍団の名に相応しい名門である。