2014.09.01

和製C・ロナウド。武藤嘉紀がアギーレJの「顔」になる

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Masashi Hara/Getty Images

 FC東京の新鋭FW、武藤嘉紀(22歳)の勢いが止まらない。

 8月30日に行なわれたJ1第22節の鹿島アントラーズ戦では、1点ビハインドで迎えた後半42分に起死回生の同点ゴール(試合は2-2の引き分け)。これでW杯による中断期間が明けた最近8試合で6ゴールの荒稼ぎである。

 Jリーグで乗りに乗るアタッカーを、日本代表のハビエル・アギーレ監督も放ってはおかなかった。武藤は先に発表された日本代表メンバーにも初選出され、その注目度は高まるばかりだ。

日本代表に招集されたFC東京のFW武藤嘉紀(右)。左は羽生直剛。 まずは、武藤の経歴について簡単に紹介しておこう。

 FC東京の育成組織で育った武藤は慶応大に進学。3年まで大学でプレイしたあと、今季から古巣であるFC東京入りした。慶応大は中退したわけではなく、現在も経済学部4年に籍を置く。ちなみに単位は3年生までにほとんど取得済みで、慶大生とJリーガーの二足のわらじを履(は)くことも卒業には支障がないとのことだ。

 肝心のプレイスタイルに話を移せば、最大の魅力はキレのいいドリブル突破。主に左サイドでのプレイを得意とし、スピードだけでなく、ときには体を寄せてきたDFをはね飛ばすように突き進む力強さも兼ね備えている。