2014.08.11

レッズが優勝を目指すなら、解くべき「命題」がある

  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 また、攻守のバランスを崩してまで、DF陣が攻めていくことがあるが、それももう少し控えたほうがいいと思っている。今のレッズのメンバー構成ならば、バランスを整えたままでも、局面、局面において数的優位で崩せるようなサッカーが十分にできるはず。最後方の選手が無闇に前に出て行かなくても、点を取れるだけのタレントが前線にはそろっていると思う。

 それでは、自分たちのスタイルに反する、という考えがあるのかもしれないが、ペトロヴィッチ監督が率いて過去2年、そのスタイルを貫き通して勝ち続けられたのか? 答えは、否である。Jリーグの舞台も、そこまで甘くはない。

 サンフレッチェの森保一監督は、ペトロヴィッチ監督のサッカーに、守備面で修正を加えることで2連覇を達成した。レッズも本気でタイトルを狙うのであれば、もはやその事実から目をそらしてはいけないのはないだろうか。

 一方、攻撃面で大事なのは、2点目を奪いにいくことだ。

 第10節~第16節まで、7試合連続完封試合をやってきたからか、「1-0で勝てばいいか」というムードがチーム内に充満しているような感じがする。1点取ったら落ち着いてしまって、それがここ数戦の苦戦につながっているのではないだろうか。自分も現役だった頃、何試合か完封試合を続けていたときに「先制すれば、もう大丈夫」といった空気がチーム内に広がって、痛い目を見たことがあった。すでに選手たちは自覚しているかもしれないが、2点目を取る重要性というものを、今一度思い起こさなければいけない。勝利はもちろんのこと、タイトル奪取に向けて、これもまた大きなポイントになるだろう。

 2シャドーの一角を務めてきた原口元気がドイツのヘルタ・ベルリンに移籍しても、レッズの戦力はJリーグ屈指。この試合でも、梅崎が原口の穴をきっちり埋めて、FW興梠慎三と素晴らしい連係を見せていた。最も安定した戦いができるチームで、今季もこのまま上位争いを演じ続けることは間違いない。だが、独走して頂点に立てるほど、ずば抜けた存在ではない。今季もJリーグは大混戦で、優勝争いは最後の最後まで予断を許さないだろう。

関連記事