2014.04.18

強い川崎。中村憲剛が語る「J1屈指のポゼッションサッカー」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by AFLO

「同じ選手で長くやっていると、メンバーが変わったときにテンポや判断の速さに違いが出るので、攻撃のリズムが少し変わってしまう。だが、試合のなかでやっていかないとうまくならない。彼ら(控えの選手)が体感できたことは大きい。金久保は短い時間でも積極的に(相手の守備ブロックの)中に入っていったし、私のなかではいい感触を得ている」

 負傷者続出の状況も、それを逆手に取るかのように、「(チーム全体の力を)底上げしていくチャンス」と風間監督。指揮官はメンバーばかりか意図的にポジションも入れ替え、さまざまな可能性を探ることで、チームをさらにバージョンアップさせようと企てている。

 Jリーグ屈指のポゼッションサッカーが今後、どんな変化を見せ、どこまで強くなるのか。要注目である。

関連記事