2012.07.02

【名波浩の視点】磐田、FC東京が優勝を目指すために必要なこと

  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

素早い出足でFC東京の攻撃の芽を摘んだジュビロ磐田の藤田義明(右)。左はFC東京の高橋秀人。 Jリーグ第16節、6位ジュビロ磐田と5位FC東京の一戦は、3-1でジュビロが勝利して、3位に浮上した。

 試合全体を通してみれば、主導権を握っていたのは、FC東京だった。ポポヴィッチ監督が「集中力がなく、ミスが続いた」と振り返った立ち上がりこそ、その隙をつかれて失点を喫したものの、それを引きずることなく、すかさずバランスを建て直してゲームを支配。梶山陽平や石川直宏に、羽生直剛、太田宏介など多くの主力が戦列を離れていながらも、すぐに自分たちのスタイルに戻せたあたりはさすが。FC東京の能力の高さを感じた。

 ただこの日は、ジュビロも非常にアグレッシブなプレイを披露。チームの特徴である、ボールアプローチの速さと、相手ボールに対してさらにもう一歩踏み込んでいける、守備が光っていた。運よくファウルを流してくれたシーンもあったかもしれないが、ボールに行き切ることで相手のプレイを寸断。特に前半は、FC東京の攻撃の芽をことごとく摘んで、守備の面白さというものを感じさせるサッカーを見せてくれた。