2012.04.22

【Jリーグ】躍進ジュビロをけん引する「山田様」の正体

  • 望月文夫●文 text by Mochizuki Fumio
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

横浜FM戦でスーパーゴールを決めた山田大記。 クラブOBの森下仁志新監督を迎え、主力選手を含めて大きく顔ぶれが変わったジュビロ磐田。シーズン前の練習試合ではなかなか結果が伴わず、今季の順位予想では評論家がこぞって「下位争い」か「J2降格候補」と位置づけた。

 だが、いざ開幕すると、そうした評価に反発するような戦いぶりを披露。リーグ戦では7試合を終えて4勝2分1敗の好成績を残し、降格どころか「ACL出場」や「タイトル奪取」を有力視する声まで聞かれる。特にホームではナビスコカップを含めて負けなしの6連勝と、かつての王者が完全復活を匂わせている。

 その好調ジュビロをけん引するのが、今季加入2年目のMF山田大記(ひろき)だ。公式戦(ナビスコカップを含む)10試合で4得点は、日本代表FWの前田遼一と並ぶチーム得点王。うち3点が決勝点で、チーム内ではその活躍に敬意を評し「山田様」とも呼ばれている。

 圧巻は、第7節(4月21日)の横浜F・マリノス戦だった。今季は開幕から右MFでプレイしていたが、この日は「仕掛けるなら左がいい」と話していた、最も得意な左MFで先発。その言葉どおり、左サイドから再三チャンスを生み出し、前半35分には敵3人に囲まれながらも、鮮やかなボールコントロールからわずかな隙間を切り裂いて左足シュート。ボールは左ポストぎりぎりを通過してゴールネットに突き刺さった。

 試合後に山田は「狙ったわけじゃない」と謙遜していたが、決勝点となったワールドクラスの豪快ミドル弾に、山田をマークしていた横浜FMの中村俊輔も、呆然とボールの軌道を見送るだけだった。