2012.03.24

【Jリーグ】最大の特長はサイド攻撃。
日本人得点王を輩出し続けるジュビロ磐田の伝統

  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

フォーメーション進化論 vol.13
森下仁志監督のもと、新たなスタートを切ったジュビロ磐田
 97年、99年、02年にリーグ優勝するなど黄金期を築いたサッカー王国・静岡のクラブ、ジュビロ磐田。近年獲得したタイトルには2010年のナビスコカップがある。

 磐田は、中山雅史、高原直泰、前田遼一と、日本人得点王を輩出し続けているクラブでもある。

 ひとつの時代を築いたクラブであり、真面目な性格で戦術理解度の高い、つまり頭のいい選手が多いイメージが強い。また、そういう選手を好む、クラブとしての方針もあるのだと思う。
 
 昨年、山田大記、小林裕紀、金園英学とレベルの高い大卒選手を獲得し、いい補強ができていた。名波浩、服部年宏、藤田俊哉ら、大学ナンバーワンと言われる選手を集めて、リーグで結果を出してきたクラブなので、彼らにもさらなる活躍を見せてほしいところだ。

 山田はもともと磐田のジュニアユース出身で、小林は東京ヴェルディユース出身という経歴を持っており、その後、一度大学を経験してからJリーガーになる「日本独特」とでも言うべきコースを進んできた選手だが、今後、こうした選手は増えていくのかもしれない。