久保建英がソシエダで磨いた「味方を生かす技術」三笘薫との連携で何かが起こる「予感」は最大の収穫か

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

「タケ(久保建英)は自分に対する要求が強い選手で、どんどん周りも巻き込んでいく」

 レアル・ソシエダ(以下ラ・レアル)のチームメイトはそう言って鼻白む。2022-2023シーズン、多くの関係者がチームMVPに推し、ラ・リーガのベストイレブンに入れているのも不思議ではない。スペイン人も驚くほどの野心と熱量なのだ。

 それは22歳になった日本代表、久保建英の異能と言える。

「ラ・レアルはマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェと違い、能力の高い選手が多く、その環境が久保の才能を爆発させる触媒になった」

 これは現地で定着している見解だが、実はシーズンの終わりにはやや変化している。それは「ラ・レアルに変化を起こしたのは、久保ではないか」。そうでなければ、ラ・レアルがチャンピオンズリーグ出場権獲得という歴史的シーズンをすごした説明がつかないからだ。

 久保にはとにかく勝利が似合う。クラブにとって特別なアスレティック・ビルバオとのバスクダービーを制し、あるいはマンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、レアル・マドリードというビッグクラブも下した。前線の選手がケガや不振でシーズンを通した活躍ができないなか、久保だけはタフに戦い抜いた。とりわけ9得点した試合は全勝という記録は目覚しい。

 自らに要求しながら、周りと手を結び、限界を越える。そのプレーは彼の真骨頂だが、エルサルバドル戦でもその一端が見られている。

 6月15日、豊田。日本代表の久保は、4-1-4-1の右アタッカーで先発している。結果は、1得点2アシスト。相手はレベルが二つ、三つ下だったとは言え、6-0という大勝に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

エルサルバドル戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保建英エルサルバドル戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保建英この記事に関連する写真を見る 特筆すべきは久保の味方を生かす技術の非凡さだろう。

 開始直後、三笘薫が左サイドでファウルを受け、FKを得る。キッカーになった久保は左足で蹴って、谷口彰悟の頭に合わせて先制点をアシスト。谷口の高さやパワーを最大限に生かすように、ファーに落とし込む重い球質だった。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る