2022.07.25

森保一監督は気がついているのか。日本代表が中国戦でチャンスをつくれなかった理由

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by KYODO

 中国代表は、登録メンバー24人中22人を23歳以下の若手選手で固めていた。国内組の日本より、純然たるA代表から遠そうなチームだった。アレクサンドル・ヤンコビッチ監督のサッカーが、こちらの目をひく優れたサッカーをしていたわけではない。日本にとって2-0ないしは3-0に準ずるスコアで勝たなければならない試合だった。

 決定的なシュートを外しまくったわけではない。惜しいチャンスと言えるのは、細谷真大が脇坂泰斗の洒落たアウトサイドパスを受けながら、決めきれなかったシーン(後半8分)ぐらいで、0-0は必然性のある順当なスコアと言えた。

 中国が健闘したと言うより、日本が勝手にズッコケた試合。もう少し言うならば、森保一監督の監督としての能力に、またしても限界を感じた試合となる。

中国に引き分け、憮然とした表情の日本代表の選手たち中国に引き分け、憮然とした表情の日本代表の選手たち この記事に関連する写真を見る  4-2-3-1の1トップに起用した初代表の細谷は、縦への推進力に優れたスピード系の選手だ。ポストプレーヤーではまったくない。一方、1トップ下として出場した脇坂は、アタッカーというより中盤系だ。両者が前線で縦の関係を組めば、それぞれの距離が離れ気味になること、細谷が孤立気味になること、すなわち1トップと1トップ下の良好な関係を築くことが難しいことは、最初から読めていたはずだ。

 森島司が4-2-3-1の3の左として先発した左サイドにも問題は目立った。2017年までサンフレッチェ広島の監督を務めていたにもかかわらず、森保監督は、森島に3の左としての適性が欠けることを気がつかなかったのだろうか。彼が左サイドでSBの佐々木翔と良好なコンビを組むことができなかったことも、日本が苦戦した大きな原因のひとつである。

 香港戦後のレポートに、筆者は、右サイドに比べて日本の左サイドは機能しなかったと、記しているが、森島と佐々木の広島勢がコンビを組んだこの日は、その上をいく酷さだった。この2人のコンビからマイナスの折り返しが送られたのは、わずかに1度。佐々木が蹴った前半34分のシーンのみだ。森島は縦を狙わなかった。狙う素振りさえ1度も見せなかった。そこに適性がないことは一目瞭然となった。