2022.06.06

伊東純也から飛び出る衝撃エピソード。「骨折していても気づかずプレー」「プラチナ世代という言葉すら知らなかった」

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • 渡辺航滋●撮影 photo by Watanabe Koji

伊東純也(ゲンク)インタビュー@前編

 以前からコアなサッカーファンの間では、抜けて評価の高い存在だった。しかし今シーズン、これほど全国的に知名度を上げた選手もいないだろう。昨年11月から今年2月にかけて歴代最多タイとなる最終予選4試合連続ゴールを決めて、幅広い層にその名を知らしめた。

 伊東純也、29歳----。常に右肩上がりで成長し続ける「スピードスター」は、いまや日本代表に欠かせぬピースだ。柏レイソルから海を渡って4年、伊東は今シーズンをどう感じているのか。インタビュー前編では、初のアシスト王に輝いたベルギーリーグでの1年を振り返ってもらった。

   ※   ※   ※   ※   ※

日本に帰国する前のゲンクで伊東純也に会ってきた日本に帰国する前のゲンクで伊東純也に会ってきた この記事に関連する写真を見る ---- まずはゲンクでの今シーズンを振り返って、いかがでしたか?

「チームの結果はよくなかった(レギュラーシーズンは8位→プレーオフで6位)ですが、自分ができることはやりました。個人的にはいいシーズンでした」

---- ベルギーリーグでは8ゴール18アシストでした。よかった要因は?

「とりあえず、数字だけは出そうと思っていました。昨シーズンがめちゃくちゃよかった(11ゴール16アシスト)ので、『去年以上は無理だな』と思いながらやりましたけど(笑)、なんとか今季も近い数字までいけたのでよかったです」

---- 結果、アシスト王という個人タイトルもついてきました。

「そうですね。(一拍置いて)......まあ、よかったです」

---- あまり個人タイトルへのこだわりはないのですか?

「世間的にはいいですね。でも、別にアシスト王になろうと思っていたわけではないので」

---- それでは、目指していたものは?

「とりあえず結果を出そうと思っていたら必然的になんか(アシスト王がついてきた)。もっと点を獲りたかったですね。アシストが多くなっちゃいました(笑)」

---- ピンポイントのクロスが光りました。

「クロスは一番練習しています。また、試合ではできるだけ多くクロスの本数を打てればいいかなと思います」