2022.04.21

岡野雅行が語るJリーグベストイレブン、ジョホールバルの歓喜…すべての栄光につながっているゴール

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Jun Tsukida/AFLO SPORT

日本代表「私のベストゲーム」(10)
岡野雅行編(後編)

前編はこちら>>

 岡野雅行がJリーグで自己最多の11ゴールを記録したのは、1996年シーズンのこと。同年、岡野はJリーグベストイレブンにも初めて選ばれている。

 そんな充実のシーズンを過ごした1996年とは、すなわち、岡野が自身の日本代表ベストゲームに選んだ、ウルグアイとの親善試合があった年である。

日本代表でゴールを決めたことが大きな自信になったという岡野雅行日本代表でゴールを決めたことが大きな自信になったという岡野雅行 この記事に関連する写真を見る  しかも、そのウルグアイ戦を境に、1996年シーズンのJリーグを前半戦15試合と後半戦15試合とに分けてみると、岡野のゴール数が前半戦は3ゴールだったのに対し、後半戦は8ゴールと急増していることがわかる。

「ウルグアイ戦でのゴールが、僕に自信をつけさせてくれた」

 岡野が口にした言葉は、単に感覚的なものではなく、実際の数字や記録にも裏づけられた、確かな事実だったのである。

「日本代表っていうのは、本当に選ばれしものが集まるチーム。最初は日本代表に選ばれるだけでもありがたいと思っていましたけど、あのウルグアイ戦でゴールできたことで、ようやく日本代表の一員になれた気がして、『浦和レッズに帰っても恥ずかしいプレーはできないな』、『この自信をレッズに持ち帰りたいな』と思いました」

 自覚が芽生えた記憶とともに、岡野が強く印象に残しているのは、ウルグアイ戦からわずか3日後に行なわれた、清水エスパルス戦でのゴールだ。

 雨の日本平球技場。右サイドを疾走していた岡野は、ぬかるんだピッチに止まったボールを拾うと、ゴールへ向かってドリブルを開始した。体を寄せてくる相手DFもお構いなし。ペナルティーアーク付近で左足を力強く振ると、放たれたシュートはゴール左上スミに吸い込まれた。