森保ジャパンが好機をつくれない理由。左サイドはメスを入れる必要がある

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by KYODO

 うまさを追求するサッカーではけっしてない。筆者にはそれが、日本のあるべき姿と合致しているようには見えない。日本のマックス値を追求しようとしたら、さじ加減を間違えていると言いたくなる。

 その症状が、とりわけ鮮明に表れているのが前線だ。ここまでのアジア最終予選で、もっと高いはずの日本の総合力を、けっして強くない対戦相手に発揮できずにいる最大の原因と考える。

 次戦オマーンとのアウェー戦が心配になる。

 せめて右サイドバックは、山根視来で行ってほしいものだ。この日、伊東が好調だった原因は、山根との良好な関係にあった。伊東が剛とするなら山根は柔。このバランスがよかった。剛の酒井宏樹、室屋成に対し、山根はバランス的に勝っていると言うべきである。

 バランス論を続けるなら、左サイドにもメスを入れなければならない。南野の左ウイングは即、見直すべきだ。三笘を使えるか。森保監督の運命は、皮肉にも、森保監督が好きそうではない選手のプレーにかかっている、と踏む。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る