2021.09.07

オマーン戦どころじゃない。W杯予選で忘れられない日本代表の試合「ワースト3」

  • photo by KYODO

 2022年カタールW杯アジア最終予選は、ホームの初戦でオマーンに敗れるという最悪のスタートをきった。だが日本代表は、これまでW杯予選で何度も「最悪」を経験してきた。中国との第2戦を前に、識者3人にW杯予選で記憶に残っている試合「ワースト3」を挙げてもらった――。

中山淳(サッカージャーナリスト)

1位=日本2-2イラク
1994年アメリカW杯アジア最終予選(1993年10月28日/カタール)

 日本にとって最悪のアジア最終予選の試合と言えば、後に"ドーハの悲劇"として語り継がれるイラク戦をおいて他にない。1-1で迎えた後半69分、日本は中山雅史のゴールで1点をリード。残り時間を考えても、悲願のW杯初出場の可能性は高かった。

 ところが、あとワンプレーという試合終了間際に悲劇は起こった。イラクのショートコーナーの時、カズ(三浦知良)の出した足がもう数十センチ長ければ......。あるいは、81分に投入された武田修宏に、ハンス・オフト監督が時間稼ぎの指示を出していれば......。原因を探ればいくつかあるが、当時はあれが限界だった。絶対に忘れてはいけない苦い経験。教訓となった試合でもある。

フランスW杯予選カザフスタン戦。試合後、加茂周監督(当時)が更迭されたフランスW杯予選カザフスタン戦。試合後、加茂周監督(当時)が更迭された この記事に関連する写真を見る 2位=日本1-1カザフスタン
1998年フランスW杯アジア最終予選(1997年10月4日/カザフスタン)

 ホームで韓国に逆転負けを喫し、悪い流れの中で迎えたアウェーでのカザフスタン戦。加茂周監督率いる日本は、1-0でリードしながら後半アディショナルタイムにまさかの失点を喫し、1-1のドローで試合を終えた。韓国が4連勝したこともあり、このドローで1勝2分1敗となった日本の首位通過は絶望的に。2位通過に望みをかけることとなった。

 試合後、サッカー協会幹部は悪い流れを断ち切るために加茂監督を更迭し、岡田武史コーチが監督に昇格した。これが、日本代表史において初めて、W杯予選中の監督交替劇が起きた。ドーハの悲劇で得た教訓を生かせなかったことも含め、絶対に忘れてはいけない試合だろう。