2021.09.06

歴代日本人左サイドバックトップ10を都並敏史がガチ選定。長友佑都を超える選手はいるか

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by Fujita Masato

日本代表では長友佑都が長らく活躍中で、後継者問題も度々話題になる左サイドバック。歴代日本人選手のなかで、優れた選手は誰なのか。かつてこのポジションのトップランナーとして活躍した都並敏史氏に、トップ10を選んでもらった。

◆ ◆ ◆

現在の日本の第一人者、長友佑都への評価は?現在の日本の第一人者、長友佑都への評価は? この記事に関連する写真を見る  前提として、今回のランキングに攻撃ばかりのサイドバック(SB)の選手は含まれていません。僕の価値観で、SBはまず守備がしっかりできるという点は、非常に重きを置いているポイントです。

 それから日本代表や海外での実績も尊重すべきところで、今回のランキングを選びました。そこを読者の方にご理解いただきたいと思います。

10位 丸橋祐介(セレッソ大阪)

 丸橋は日本代表の経験はありませんが、長きに渡ってセレッソの左SBを守ってきました。尹晶煥(現ジェフユナイテッド千葉監督)、ミゲル・アンヘル・ロティーナ(現清水エスパルス監督)というふたりの監督の下で守備面が成長して、僕のなかで急激に評価が上がった選手です。

 攻撃時のセンスは、昔から抜群にいいものがありました。セットプレーしかり、中へ入って行ってのシュートへの絡みもうまい。攻守のバランスが非常にとれている選手ですね。

 最近のJリーグは3バックを採用するチームが増えてきて、優秀な左SBが少なくなってきているなかで、丸橋は今回のランキングに値するすばらしい選手だと思います。

9位 吉田豊(名古屋グランパス)

 吉田豊はJリーグのなかで今一番絶賛している選手で、早く代表に選ばれてほしいと思っています。

 4バックを採用する場合、SBは攻撃面よりも守備面に安定感がないと、チームのバランスを取る上で難しくなってきます。その点、吉田はマッシモ・フィッカデンティ監督の教えによって、SBとして戻るべき場所をよく理解しています。

 とくに逆サイドから攻められている時の、センターバック(CB)のカバーリングの立ち位置が非常によくなった。同サイドで攻められた時にアプローチしながら裏を取られない粘り強さがかなり向上しました。

 攻撃面では、もともと前に出ていく力強さを持っていて、ビルドアップでもシンプルに前へボールをつけていく姿勢もあります。