2021.09.03

森保Jはなぜ「アジアの横綱」らしい戦いができないのか。東京五輪の苦い記憶が蘇る

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 試合後の雰囲気を重苦しくしたのは、ずっと降り続けていた雨のせいばかりではないだろう。

 日本はワールドカップ最終予選初戦で、オマーンに0-1と敗れた。大事な初戦を、しかもホームで敗れたのだから、単なる1敗という以上に重く、痛い敗戦に違いない。

オマーン相手に劣勢を強いられた日本。後半は終始後手に回っていたオマーン相手に劣勢を強いられた日本。後半は終始後手に回っていた この記事に関連する写真を見る  結果が出た今となっては説得力に欠けるが、前半の内容はそれほど悪いものではなかった。

「ボールをうまく回せなかった。テンポも距離感もよくなかった。ボールを大事にしすぎた」

 キャプテンのDF吉田麻也がそう振り返ったように、日本の選手たちは確かに慎重になりすぎた面があったとはいえ、さまざまな条件を考えれば、それは当然の判断でもあったはずだ。

 まずは試合開始前から強い雨が降り続き、ピッチ上に水が浮いていたこと。

「ウォーミングアップの時に、(ピッチの)水はけが悪く、ボールが止まっていた」と吉田。ボールを保持する時間を長くしたい日本としては、万が一にもおかしなボールの失い方をしないよう、細心の注意を払う必要があった。

 加えて、オマーンはロングパスを多用し、早いタイミングで2トップへボールを入れることで、ある種の事故も含めた一発を狙ってきた。

 日本にしてみれば、厳しくボールを奪いにいかなければいけない一方で、余計なファールを避ける必要があった。力関係を考えると、勝たなければいけない日本のほうが心理的なプレッシャーは大きく、もどかしい試合になったのも無理はない。