2021.06.17

スペインの戦術家が「日本代表の肉付け」として選んだ6人の特長

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

「日本はミャンマー戦からメンバーを変えながら、攻守にわたってバランスを失っていない。相手がどこであれ、これはチーム力と言っていいだろう」

 スペイン人戦術家、ミケル・エチャリは、日本代表のミャンマー、タジキスタン、セルビア、キルギス戦を振り返ってそう語っている。
 
 シャビ・アロンソなど数々の選手を発掘してきたエチャリは、日本代表の選手たちをどう見つめたのか。カタールワールドカップ最終予選に向け、チーム内の競争が激しさを増す中、チームの肉付けとなるべき6人のフィールドプレーヤーをピックアップした。

シュートを外す場面もあったが、ミケル・エチャリが高く評価した浅野拓磨シュートを外す場面もあったが、ミケル・エチャリが高く評価した浅野拓磨 橋本拳人

 タジキスタン戦にボランチで先発。適切なポジショニングで、じわじわと流れを引き寄せていった。同じボランチの川辺駿とのポジションに高低をつけることで距離感を保ち、ボールを奪える位置に動かし、防御線を構築。守りでポジション的優位を保ち、攻撃を円滑にした。サイドチェンジや縦パスの精度は高く、攻撃にリズムが生みだしている。この試合のキーマンのひとりだった。

 セルビア戦もボランチで先発。守田英正と組み、どちらかというと攻撃面のタスクを担っている。鎌田大地、南野拓実との連係は悪くなかった。タックルも強く、攻守のバランスを取りながら、セルビアの有力選手と互角以上に渡り合ったが、前半で交代した。

 キルギス戦は後半16分にボランチで出場。中盤で守りの軸となって、3-4-2-1に戦術変更後は、攻撃のリズムを作り出していった。何度か、五分五分のボールを奪い返していた。ボランチでは、遠藤航と双璧をなすことになるだろう。

伊東純也

 セルビア戦に右サイドアタッカーで先発。特筆すべきは守備でのアクションだろう。右サイドで相手を封じ、チームに安定をもたらせる。そのうで、攻撃でスピードが武器になっていた。チームとして、彼を裏に走らせる動きはひとつのパターン。後半、右サイドを駆け抜け、右足でオナイウ阿道に送ったクロスはほぼ完璧だった。CKからのゴールのシーンも、ニアポストでフリックしたボールに対し、ディフェンスのマークを外して飛び込んでいた。守備からスタートして攻撃意欲も強く、戦術的に貴重なプレーヤーだ。