2020.10.24

「トルシエvs選手」という対立があっても、
日本代表が強くなれたわけ

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 そんな攻撃を実現するトルシエ流の練習法で独特だったのは、敵を想定した守備をつけずに攻撃パターンを繰り返すもの。コーチの山本昌邦曰く、「シャドーの練習」である。

 例えば、ボランチがトップに縦パスを入れ、トップが落としたボールをトップ下が受けると、サイドをオーバーラップしてきたウイングバックへパスを出す。そこからクロスを入れ、トップやトップ下の選手がゴール前で合わせる。そんな攻撃パターンの練習を、敵を想定した守備の選手を入れずに、何度も繰り返すのだ。

 敵がいないのだから、パスがつながるのは当たり前。そんな練習が実戦で役に立つのか。当然、批判の声はあった。

 だが、この大会の日本代表は日々の練習で繰り返していた攻撃パターンを、実際に真剣勝負のなかで展開して見せた。

 こうしたシャドーの練習は、紅白戦などのゲーム形式の練習と違い、「コンタクトの強度がないと言われれば、そのとおり」と山本。だが、「コンタクトの強度を求めると、ケガにつながるリスクがある。日本代表でケガをさせて所属クラブに帰すわけにいかない、という点で言うと、あの手法は代表向きだった」とし、こう語る。

「シャドーの練習でも心拍数を取っていたので、運動量やスプリント回数というところでは、かなりのプレー強度が求められていた。シュートまで終わったら、自分のスタートポジションまで歩いて戻るのではなく、ジョギングで戻らなきゃいけないとか、ボールを見ながら戻るとか、常にリアリティーを持って試合を意識していましたから。対人でガツガツやり合わず、ケガのリスクを避けながらプレーの強度は上げる。こういう効果は見逃してはいけないところだと思います」

トルシエ監督の指導について語る山本昌邦氏トルシエ監督の指導について語る山本昌邦氏