2020.10.09

川口能活が若手GKの海外挑戦に
「僕のマネをしてほしくない」と言う理由

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by AFLO

◆「和製ロナウド、小野伸二2世...。消えていった天才Jリーガーたち」はこちら>>

川口能活インタビュー@前編

 コロナ禍の影響もあって、ようやく実現した今年初となる日本代表の活動は、史上初のオール海外組で構成されることになった。つくづく、すごい時代になった。フィールドプレーヤーもさることながら、3名が選ばれたGKも、それぞれ欧州を主戦場にしている。

 かつては、ポジションがひとつしかないGKにとって、欧州への挑戦権を手にすることすら容易ではなかった。その舞台にかれこれ20年も前に挑んだのが、日本代表として4度のワールドカップにメンバー入りした川口能活だった。

2001年にポーツマスへ移籍した時の川口能活 2018年に現役を引退し、今は東京五輪に臨む日本代表のGKコーチを務めている彼に、当時の挑戦について振り返ってもらった。欧州では代えがたい経験も得れば、多くの悔しさも味わったことだろう。きっと、指導者になった今だから話せることもあれば、活きていることもあるはずだ。

「チャレンジしたい。とにかく、その思いが強かったですね」

 川口が横浜F・マリノスから当時イングランド2部リーグ(現チャンピオンシップ)のポーツマスへ移籍したのは、翌年に日韓W杯を控えた2001年10月だった。

「当時を振り返れば......ですけど、自信があったんでしょうね。幸運にも自分は(プロ2年目の)早い段階でJリーグデビューができて、代表では、(1996年に)アトランタ五輪に出場して、試合には勝てなかったですけど、(1998年には)W杯を20代前半で経験することができた。

 自分で言うのもあれですけど、順風満帆なキャリアを歩んでいく中で、『(海外でも)やれるんじゃないか』という自信があったのは事実です。フィールドプレーヤーとは異なり、ポジションはひとつしかないですけど、そこは考え出したらキリがなかったというか。だから、そこを深く考えるよりも、とにかく自分が成長するために、世界の舞台に飛び込みたいという気持ちのほうが強かったんです」