2020.05.26

井原正巳はファルカン監督の下で痛感
「ゾーンディフェンスの難しさ」

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第14回
早すぎたファルカン招聘。日本代表の失われた1年~井原正巳(2)

第1回はこちら>>

 雨のなか、国立競技場で行なわれた1994年アジア大会の壮行試合。パウロ・ロベルト・ファルカン監督率いる日本代表のオーストラリア戦は、0-0のドローに終わった。4万4千人のサポーターからブーイングが起きたが、DFラインの中心だった井原正巳はこれを「練習の一環」と考え、それほど気にしていなかった。

アジア大会の壮行試合は、オーストラリア相手に0-0で引き分けた。photo by Shinichi Yamada/AFLO この試合、エースのカズ(三浦知良)は不在だった。

 夏にイタリア・セリエAのジェノアに移籍したカズは、開幕のミラン戦でヘディングの競り合いから鼻骨などを骨折し、手術。その後療養し、オーストラリア戦は帰国してまだ2日目だった。だが井原は、カズが合流したことでチームの雰囲気が大きく変わったのを感じたという。

「カズさんがイタリアから戻ってチームに入ると、ピリッとした感じになりました。チームは新しい選手、若い選手が多く、アジアの大会なんで『楽勝じゃん』と甘く見ていたし、気の緩みもあったと思うんです。でも、カズさんがチームを引き締めてくれたし、ファルカンと直にポルトガル語でコミュニケーションが取れるので、監督の考えを僕らに伝えてくれた。カズさんの存在の大きさを改めて感じることができましたね」