2020.02.06

名古屋・相馬勇紀、1対1に絶対の自信。
五輪代表の序列を一気に覆す

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 六川則夫●撮影 photo by Rokukawa Norio, Sano Miki

―― 鹿島ではケガをしてしまい、思うようにプレーできませんでした。鹿島に行ったのも、五輪を意識して出場機会を得たかったからだと思うので、かなりつらい時間だったのではないかと想像します。あの時期、自分自身とどう向き合っていたのですか?

相馬 でも、ポジティブに捉えていますよ。もちろん、プレーしたかったというのが本音ですけど、プレーできなかった期間にあらためて、どうすれば活躍できるのか考え直すことができた。何十年も上位に居続けて、タイトルを獲り続けているクラブの雰囲気や姿勢は、鹿島に行かないと感じられないものでしたね。

 それに、風間(八宏/前名古屋監督)さんから技術面をかなり鍛えてもらったぶん、鹿島の練習に入っても相手のプレッシャーをあまり感じなかったんですよ。それも、外に出て初めて気づけたことでしたし。これまでは得意だったけど忘れかけていたものにも気づけた。だから、よかったと思うことはたくさんありますね。