2019.11.05

久保建英の能力が日本代表チームでさらに生きるのはどのポジションか?

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

 現状の日本代表では、トップ下に南野拓実と鎌田大地、右MFに堂安律と伊東純也、左MFには中島翔哉と原口元気らがいる。対戦相手や起用される味方との兼ね合いもあるが、私は久保を左サイドで起用するのも面白いのではないかと考えている。

 中島はボールをもらってドリブルで仕掛けることが多く、左サイドから中央に切れ込んでシュートに持ち込む攻撃は魅力だ。しかし、対戦相手によっては、そのボールをもらう位置がセンターライン付近で低くなると、脅威にならないケースもあるだろう。また、所属するポルトでも指摘されているが、守備面の不安要素もある。

 原口元気は攻守に全力を尽くし、チームにダイナミズムを生み出せるタイプで、攻撃面に目を向けると、味方を上手に使うよりも、個で打開していく。引いて守ってくる相手に対しては、原口の特長があまり生きないケースもある。

 久保は、まだ日本代表の左サイドMFで起用されたことはないものの、戦術理解度の高さがあるので、混乱することなく対応できるはずだ。柔らかいボールタッチでタテに抜けて、ピンポイントでクロスを上げることもできるだろうし、中央に切れ込んでワンツーの折り返しをシュートに持ち込むこともできる。パスを出すこともうまいだけに、攻撃の幅は広がる。

 その場合、右サイドMFで誰を起用するかがポイントだ。堂安とも共存できるが、彼はゴール前に入ってきてシュートをすることが多い。そうなるとゴール前の中央は敵味方の選手で混み合ってしまうことになる。一方、伊東ならばそのタテへの圧倒的なスピードが相手に脅威を与え、中央を固めることにはならないはずだ。

 伊東がタテ突破を狙うことで、相手DFがサイドに引き出されてゴール前にスペースが生まれ、サイドから中央に絞った久保が存在感を発揮しやすくなる。また、久保の視野の広さと技術の高さがあれば、逆サイドにいる伊東のスピードを生かしたパスも出せるだろう。