2019.11.04

U-17日本代表、西川潤の「株」が上昇中。
勝ち上がれば高騰の予感

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐藤博之●撮影 photo by Sato Hiroyuki

 グループリーグ第2戦までを終え、すでに勝ち点4を手にしていた日本は、最後の第3戦を前にグループリーグ突破が決まっていた(他のグループの結果により、もし日本が第3戦に敗れてグループ3位になったとしても、3位チームのなかの成績上位4チームに入ることが確定していたため)。

途中出場のセネガル戦で、決勝ゴールを決めた西川潤 つまり、順位にさえこだわらなければ、第3戦は勝敗を度外視できる、いわば消化試合だった。

 それでも、U-17日本代表を率いる森山佳郎監督は試合前、選手たちにはっきりと伝えた。

「100%勝ちに行くぞ」

 そして、選手たちは気持ちの入ったプレーを90分間続け、その檄に応えた。

 U-17ワールドカップのグループリーグ第3戦、日本はセネガルに1-0で勝利した。この結果、2勝1分けで勝ち点7とした日本は、2勝1敗で勝ち点6のセネガルを上回った。すなわち、日本はグループDを堂々の首位通過である。

「自分個人も何回か相手にウラを取られてピンチになった。2、3人でカバーしないと、1対1になってしまえば一発でかわされる。個の能力では相手が上だった」

 第2戦までのセンターバックから、この試合では右サイドバックへと回った、キャプテンのDF半田陸がそう語ったように、日本は何度となくセネガルのスピードに圧倒される場面にさらされた。セネガルは、過去2戦では立ち上がりの出来が悪く、いずれも先に失点を許していたが、この試合では、試合序盤からスピードある攻撃を繰り出し、何度も日本陣内に攻め入った。

 しかも、日本は前半早々、ボール奪取能力に優れたボランチのMF田中聡が、ヘディングの競り合いで頭を強打。ピッチサイドで治療を受け、一度は試合に戻ったものの、結局は交代となり、序盤で守備のキーマンを失うことになった。前半の半ばすぎから、ようやくパスをつなげるようになった日本だったが、前半のラスト15分ほどは、セネガルの連続攻撃を浴び続けた。半田が振り返る。