2019.09.06

久保建英がバロンドール級になるために
必要なのは「縦への推進力」だ

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 パラグアイ戦。日本は2ゴールを挙げて勝利した。大迫勇也(ブレーメン)が挙げた1点目、南野拓実(ザルツブルグ)が挙げた2点目は、いずれも左右の両サイドバック(長友佑都/ガラタサライ、酒井宏樹/マルセイユ)の折り返しを蹴り込んだものだった。

パラグアイ戦の後半から出場した久保建英 両サイドバックが活躍した方が勝つ――という近代サッカーの定説に従えば、日本の勝利には必然性があった。そしてそれぞれのシーンには、サイドバックの上で構える4-2-3-1の3の両サイドも絡んでいた。

 その1本前でパスの送り手になったのは中島翔哉(ポルト)と堂安律(PSV)だった。日本の2ゴールは、いずれも両サイドに各2人いるサイドアタッカーがチャンスを作り、真ん中のアタッカーが得点者となった。

 試合前の会見で、3バックか4バックかの選択を問われた森保一監督は「どちらの布陣を採用するにしても原理原則は同じだ」と述べている。その原理原則とは何なのか、その中身を語らずに「同じだ」と言われて納得することはできない。このパラグアイ戦の2得点は、サイドアタッカーが両サイド各1人の3-4-2-1系の3バック(5バック)であったら、生まれていただろうか。4-2-3-1の産物と言うべきだろう。

 中島と堂安、長友と酒井。この4人のサイドの選手のうち、酒井以外の3人は前半で退いたが、その中で活躍が一番光ったのは左の中島だ。堂安との比較で言えば、縦にボールを運ぶ推進力という点で大きな差があった。いわゆるアタッカーとして相手に脅威に映ったのは中島の方だった。

 中島はポルト。堂安はPSV。それぞれの所属クラブは、欧州一に輝いたこともある名門だ。今季のチャンピオンズリーグ(CL)出場こそ逃したが、力的にはベスト16級の水準にある。中島はポルトの一員としてすでに試合に出場しているが、堂安は移籍した直後なので、始動はこれからになる。だが、PSVで試合にどれほど出場できるのか、パラグアイ戦の堂安を見ていると懐疑的にならざるを得ない。