2019.06.21

W杯で苦しむなでしこジャパン。
カギを握るのは負傷離脱組の復帰

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 FIFA女子ワールドカップのグループDは、通過順位をめぐって第3戦までもつれた。日本とイングランドは互いに決勝トーナメント進出を決めていたが、通過順位にこだわったのはノックアウトステージ後の対戦相手によるところが大きい。1位で通過し、指定各グループ3位の上位1チームとの対戦になるか、2位となり強豪が集うグループEの1位と当たるか。手にしたい順位は明白だ。

勝ちたいと臨んだイングランド戦に敗れても前を向いた鮫島彩「とにかくイングランドに勝ちたい」と話した鮫島彩(INAC神戸)は、ノックアウトステージを見据えたものではなく、純粋にこの一戦での勝利を欲していた。3月のシービリーブスカップ(She believesCup)のイングランド戦では、サイド攻撃からのクロスであっけなく3失点しており、「あまりにも何もできずにやられた。でも、ここから修正はできるので、この敗戦があってよかったと言えるようにしたい」と這い上がる決意をみなぎらせていた。

 しかし結果は0-2で、またしても完敗。鮫島は「自分たちの布陣が崩れた瞬間にやられている。最後どれだけ踏ん張れるのかは、修正できると思います」と、また新たな課題に向き合う姿勢を見せた。

 対するイングランドは、フィリップ・ネビル監督が「日本戦のために考えたローテーション」と言うように、グループリーグ3戦を完璧にコントロールしていた。日本が前半にペースを掴み切れなかったのは、イングランドのスタメンが想定と異なっていたため、対応に戸惑ったのだろう。

 日本のイングランド対策は、サイド攻撃のボールの出どころを抑えることだった。この日、左の遠藤純、右の小林里歌子(ともに日テレ・ベレーザ)の両サイドハーフと、岩渕真奈(INAC神戸)、横山久美(AC長野パルセイロレディース)の2トップには縦パスの起点封じの任務が与えられた。

 当然、前線から積極的にプレスをするため運動量は多くなる。そこへボランチも連動してサポートに入り、守備では一定の効果はあったと言える。攻め込まれる時間帯もあったが、サイドからの安易な崩され方は、前回対戦時から激減していた。