2019.06.20

ウルグアイの選手はこれだけすごい。
苦戦必至の森保Jはどうすべきか

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by AFLO

 現地では、日本の2戦目の相手であるウルグアイの評価が、驚くほど高い(コパ・アメリカ初戦は、エクアドルを4-0で下している)。

 ウルグアイ人記者やブラジル在住の日本人記者いわく......。「ワールドカップで4位になった2010年大会のチームより強いんじゃないか」「今大会の優勝候補は、(開催国の)ブラジルとウルグアイの2チームだ」「(日本が0−4で負けた)チリに対してもウルグアイが2点差をつけて勝つだろう」

柴崎岳は若き日本代表メンバーをどう引っ張っていくのか 前線に陣取るのは、ルイス・スアレス(バルセロナ)とエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)の世界屈指の2トップ。彼らにはオスカル・タバレス監督も「注文することはない。本当にエリートなストライカーで、重要な選手たちだ」と全幅の信頼を置いている。

 ゴール前を守るのは、アトレティコ・マドリードでもペアを組んでいたディエゴ・ゴディンとホセ・マリア・ヒメネス。コンビネーションと安定感は抜群で、こちらも南米屈指のセンターバックコンビと言っていい。

 だが、現在のチームはそれだけではない。中盤にもタレントが揃っており、それこそが、ウルグアイの評価を高めている要因なのだ。

 中盤の要であるマティアス・ベシーノ(インテル)こそ負傷のために出場が危ぶまれているが、残る3人のセントラルMFも実力者だ。ベシーノのパートナーを務めるルーカス・トレイラ(アーセナル)はボール奪取に優れたボランチで、今季初参戦のプレミアリーグでブレイクした。21歳のロドリゴ・ベンタンクールはこの若さでユベントスの主力を担う大型ボランチ。そして、フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)は司令塔タイプのエレガントなボランチだ。

 サイドアタッカーに関しても、左サイドにはテクニシャンのジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ)、レフティのガストン・ペレイロ(PSV)、小柄なテクニシャンのニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダーズ)と人材が豊富。最強2トップを支える中盤も南米屈指の陣容なのだ。