2019.04.25

堂安律に追いつきたい田川亨介。
U-20W杯で活躍して道を拓く!

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki, AFLO

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(5)
FC東京・田川亨介@後編

 プロ1年目は4ゴールをマークし、強烈なインパクトを残したが、昨シーズンはフェルナンド・トーレス、金崎夢生の厚い壁に阻まれて調子を落とすと、エースとして期待されたU-19アジア選手権でも納得のいくパフォーマンスを見せられなかった。同じ過ちは繰り返せない――そう心に誓う田川亨介に、U-22、U-20両方の代表チームへの想い、同世代の選手たちへのライバル心について訊いた。

「FC東京・田川亨介@前編」はこちら>>>

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>

FW田川亨介(たがわ・きょうすけ)1999年2月11日、長崎県生まれ。サガン鳥栖U-18出身―― サガン鳥栖でプロになりたての頃は、「(ガレス・)ベイル(レアル・マドリード)が好き」と言っていて、1年後の2018年は、「ポストプレーを磨きたいから、(ロベルト・)レバンドフスキ(バイエルン)や(オリビエ・)ジルー(チェルシー)、大迫(勇也)さん(ブレーメン)を参考にしている」と言っていた。今、参考にしている選手は?

田川亨介(以下:田川) 今は、誰というのはないですね。サッカーは観ているんですけど、誰っていうより、この選手のここっていう感じで、いろんな選手のポイント、ポイントを参考にしている、そんな感じですね。

―― かつてはドリブルや裏抜けが武器で、その後、ポストプレーを磨こうとしていた。鳥栖からFC東京に移籍した今シーズンは、どういう選手になっていくことをイメージしていますか?

田川 もちろん、万能であればあるほど、監督にとっても使い勝手がいい選手になると思うんですけど、このチームは自分のストロング(ポイント)を生かせる場所だと思うので、そこをどれだけ磨けるか。今はそう考えています。自分のストロングであるスピードや抜け出しを、さらに磨いていきたいと思っています。

―― 原点に戻った、ということ?

田川 そうですね。やっぱり自分のスタイルはこれだなって。去年はいろんなものを求められて、2列目でワンタッチではたいたりしていたんですけど、なんか違うなっていうのがあって。今思えば、去年の自分は中途半端でした。なんでもできるのが一番いいんでしょうけど、自分は器用なタイプじゃないから、今は突出した武器を作りたいと思っています。