2019.04.11

なでしこ、強豪ドイツと引き分け。
W杯本番へ爪あとを残したFWがいる

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 フランスに1-3というスコア以上の惨敗を喫し、選手間ミーティングを重ねることでそのショックを払拭して臨んだドイツ戦(世界ランク2位)。35分に長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が先制点を挙げると、追いつかれた後の69分にはパスミスをさらった中島依美(INAC神戸)とパスをかわしながら横山久美(AC長野パルセイロL)がゴール。その後、2点を失ったがドローで終え、何とか6月のワールドカップ本大会へつながる結果を残した。

中島依美のアシストでゴールを決めた横山久美(右) ゴールへの匂いは確かにしていた。あとはその瞬間を待つだけだった。

「そろそろ来そうですよね」

 フランス戦の惨敗を振り切るかのように、ドイツ戦を前に自身のゴールを予感していたのが横山だった。

 このところスタメン出場というチャンスを得ていながら、対戦してきたアメリカ、ブラジル、フランスなど世界トップクラスのチームを相手にゴールという結果を出せず、期待に応えられていなかった。

 それでもフランス戦の後半、最初に飛び出した横山のシュートはファーストタッチからかつてないほど最速で振り抜いた。

「日本だったらゴールになっていたはず。フランスはDFの足が伸びてきた。これが世界との差なんだと感じました」(横山)

 それでも、型にハマらず、タイミングを外す意表を突いたシュートが彼女の真骨頂。調整のために何度もシュート練習を繰り返していた。

 その積み重ねが結実したのが、ドイツ戦でのゴールだった。一度目の中島からのパスで横山はシュートを選択するつもりでいた。

「でも、寄せてきた選手がフランクフルト時代の元チームメイトだったんで、たぶん自分を狙ってくると思った」