2018.11.28

スペインの名将が森保Jを総括。
「戦術の充実で飛躍を遂げつつある」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Masuda Yuichi

ミケル・エチャリのベネズエラ戦レポートを読む>>

「ふだん代表でプレーしていない選手たちを起用し、経験を積ませる試合になった。相手のキルギスはテクニック、タクティクス、フィジカルなど、あらゆる面で日本に劣っていたが、完全に引いた相手をどう崩すか、というトレーニングになっている。それは決して簡単な作業ではない」

 スペインの目利き、ミケル・エチャリ(72歳)は11月20日のキルギス戦での日本代表を肯定的に評価している。ポジティブな側面に目を向けられるのは、ひとりのプロフェッショナルとして生き抜いてきた証だろう。エチャリはファン・マヌエル・リージョ(ヴィッセル神戸監督)、ウナイ・エメリ(アーセナル監督)という優れた指揮官たちに強い影響を与えてきた。

「キルギス戦は2018年という1年を総括し、日本サッカーが確実に成長していることの証となった」

 エチャリはそう言って、お墨付きを与えた。

キルギス戦でクオリティの高いゴールを決めた大迫勇也「キルギスはレベルが高い相手とは言えない。力の差を考えたのか、5-4-1という守備的な布陣で完全にリトリートしてきた。

 これによって日本には、『露骨に引いて守りに入った相手を崩せるか』という課題ができた。

 テストの意味が多分にあったのか、ベネズエラ戦から先発11人全員を変更。これまでの控え選手中心で、布陣は4-4-2だった。