2018.11.21

主力を脅かす新参者はいたか?
「固定化」森保ジャパンに必要な競争

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

「チームの中で、すべての選手が同じレベル、というのはありません。経験が浅く、まだ足りないところがあっても、可能性や伸びしろを見て招集している選手もいます。代表を経験することによって、さらに成長できることもあるので。その経験を所属クラブに持ち帰って、それを伝え、さらなる代表のレベルアップにつなげていければ、と思っています」

 11月20日、豊田スタジアムでのキルギス戦後の記者会見。登壇した森保一監督は、訥々(とつとつ)とした調子で語っている。

「たとえ今は力の差があっても、トレーニングの中で選択肢を持たせていくというのも、自分の仕事」

 森保監督はそう断って、強化のプロセスにあることを強調した。

 この夜のキルギス戦は、16日のベネズエラ戦からスタメン11人が全員変更。代表デビューを飾った山中亮輔(横浜F・マリノス)を筆頭に、9人が代表キャップ二桁に届かない”新参者”の舞台となった。

キルギス戦で代表初先発を果たした北川航也 ロシアW杯後、代表を率いることになった森保監督だが、たった数カ月で主力の顔ぶれは定着しつつある。3試合連続得点と売り出し中の南野拓実(ザルツブルク)など、強豪ウルグアイを4-3と派手に破った試合の先発メンバーは、今後もひとつの土台になるはずだ。

 もっとも、チーム強化にそれでは足りない。新参者たちがポジション争いに食い込めるか?

 それは日本サッカーの今後を占うポイントになる。

 キルギス戦の新参者は、”Jリーグ代表”とも置き換えられるかもしれない。原口元気(ハノーファー)を除いて、全員がJリーガー。まさに、日本サッカーの底上げを担っている存在と言えるだろう。