2018.11.21

長友佑都を追うレフティ。代表左SB定位置争いに山中亮輔が名乗り

  • 井川洋一●取材・文text by Igawa Yoichi 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 満を持して代表初キャップを刻んだレフティが、最高の滑り出しを遂げた。豊田スタジアムで行なわれたキルギス戦の2分、山中亮輔(横浜F・マリノス)が得意の左足でネットを揺らし、大勝の口火を切った。杉本健勇(セレッソ大阪)からの「かなり良いタイミングのパス」をボックス内で「思い切って振り抜き」、ボールがファーポストの内側に転がると、歓喜が爆発。「本当にうれしかったです。素直に」と、日本代表史上最速となるデビュー戦の初ゴールを喜んだ。

代表初出場で初ゴールを決めた山中亮輔 横浜F・マリノスに所属する25歳のレフトバックは、今シーズンのJリーグでもっとも成長した選手のひとりと言っても過言ではない。今季から横浜を率いるアンジェ・ポステコグルー監督が目指す先鋭的な攻撃サッカーで、サイドバックはカギを握る。マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督の手法にも通じるその戦術では、マイボールの際に中央に入ってポゼッションを高める役割を担う。

 左足のキックや推進力といった攻撃面を持ち味とする山中は、この新しいチャレンジに意欲的に取り組んだ。そして2月のJ1開幕戦でも、先制のミドルを決めた。ボックス外の中央の位置からゴールを奪ったわけだが、通常のフルバックなら、そこにはいなかったはずだ。

 ただし中央でプレーする怖さもあったと、彼は打ち明ける。タッチラインを背にしてプレーするサイドとは異なり、周囲360度から相手のプレッシャーに晒されるため、ボールを失うシーンも散見。奪われたあとは、高い守備ラインの後ろにある広大なスペースを容赦なく突かれた。

「正直に言って、サイドに張っている方が楽です。プレッシャーの受け方も全然違うので」と、代表に初選出された翌日のマリノスの練習後に彼は言った。「でも(ポステコグルー監督のサッカーのおかげで)かなり注目してもらったと思う。このサッカーで結果を残してきたからこその代表(選出)。監督にはすごく感謝しています。チームメイト、スタッフ、サポーターのみんなに感謝を伝えるためにも、(代表の)試合でいいところを見せたい」