2018.11.19

中島翔哉はストレスなしで自然体コメント。
「好きなことだと疲れない」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

「勝負への執着」「強い意志」「高い意識」……日本代表の現場は、そういった精神性を表す言葉で溢れるのが常だ。日本代表ではなくても、スポーツもある程度のレベル以上になるとそうなるだろう。そんな言葉を口にすることで自分自身を鼓舞するという側面もあるのだろうが、たいていの選手たちは本気であり、我々の予想を超えるピュアでストレートな言葉を残してくれる。

 しかし、中島翔哉(ポルティモネンセ)の場合、少し違うのである。数年前は、「僕は将来バルセロナに……」などと、失礼な言い方をすれば大言壮語に聞こえる台詞を吐くこともあった。だが、リオ五輪を目指していたあたりから、その表現がずいぶんと変わってきた。今では話すテンポもおっとりとし、気張ったところがない。いわゆる自然体そのものに見える。

ベネズエラ戦に先発、後半23分に退いた中島翔哉 ベネズエラ戦の前日、中島に「欧州との往復は大変だと思うが、疲労のケアなどはどうしているのか」という質問が飛んだ。こういう場合、よくある答えは「諸先輩や仲間も経験しており、代表選手としては乗り越える壁だと思う」というものだ。最近になって始めた心身両面のトレーニングやケアに話題が及ぶことも多い。

 だが、この日の中島はこう答えた。

「基本は、好きなことをやっていると疲れないものじゃないですか。それが一番かなと思います」

 これまで何度も耳にしてきた質問に対して、これは初めて聞く返答だった。もちろん、代表に呼ばれ出して間もない現在はフレッシュな状態を保っており、勝負のかかった公式戦でもないから、プレッシャーはあまりない状態だろう。1年後にまた同じことを言えるとは限らない。それにしても、この気負いのなさは稀有なものだと思う。