2018.11.09

堂安律の活躍に刺激をもらった
立田悠悟。「A代表も狙っています」

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki, AFLO

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(2)
清水エスパルス・立田悠悟@後編

 1月のU-23アジア選手権や3月のパラグアイ遠征で味わった屈辱をぶつけた8月のアジア大会では、タフなゲームを勝ち抜いて成長したが、決勝の韓国戦では”気持ちの差”を突きつけられた。

 高まる海外への想い――。東京五輪代表での活動について振り返った前編に続き、後編では清水エスパルスでのこと、日本代表への想いについて聞いた。

「清水エスパルス・立田悠悟@前編」はこちら>>>

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>

清水でのプレーが代表でも生きていると語る立田悠悟―― 「抜きん出た選手ではなかった」「自分は努力でここまで来た」ということでしたが、それは清水エスパルスのアカデミー時代からずっと?

立田悠悟(以下:立田) そうですね。高校1年のころはまったくメンバーに入れなかったし、トップに上がってからも、代表チームでも、自分が一番下手クソなんだって思いながらやっています。でも、そういう気持ちがあるからこそ、もっとうまくなりたいと思うし、下手なりにやれることがあるって考えながらやっていて。謙虚とは違うかもしれないですけど、地に足をつけてコツコツやっていこうと思っていますね。

―― じゃあ、どうやったらうまくなれるか、どうやったらポジション争いに勝てるか、いつの時代も考えて、もがきながら成長して、ジュニアユースからユース、ユースからトップへの昇格を掴み取ってきたと。

立田 はい。これまでの人生で、ずっとうまくいったことはないですから。挫折じゃないですけど、失敗を繰り返しても挫(くじ)けず、盛り返していけるのが自分の強み。だから、今はちょっと怖いですけどね。

―― この8カ月間、うまくいっているから?

立田 はい。うまくいき過ぎているので、失敗するのが怖いですけど(笑)。でも、そうなったらそうなったで、また壁を乗り越えていければいいなと思います。