2018.10.15

朴訥な19歳。冨安健洋は日本の未来を背負って立つ守備の俊英だ

  • 井川洋一●取材・文 text by Yoichi Igawa photo by Getty Images

 森保一監督のもとで代表初キャップを刻んだ4人目の選手は、19歳のセンターバックだった。冨安健洋──188cmの巨躯に大いなる才能を備えた謙虚なニューカマーだ。

パナマ戦で先発フル出場の冨安「ずっと調子もよくなかったので、(代表初出場に)不安しかなくて。だから、『よっしゃ、いこう』という感じで試合に入れたわけではなかったです。試合が終わってホッとした感じです」

 試合後、日本代表に初出場したティーンに集う報道陣を前にして、うつむきがちに言葉を選ぶ。謙遜と朴訥。そこに嘘はなく、成長過程の若き守備者が、ありのままの感覚を口にしただけだろう。

 年齢について、とかく強調されることも好まない。

「堂安(律)も同い年ですし、まだ僕は誕生日が来ていないだけで。同世代にたくさん良い選手がいて、そういう選手の活躍も刺激になっています。彼らに負けないように、切磋琢磨しながらやっていきたいです」

 自身のパフォーマンスにも厳格だ。

「無失点は毎試合求めていることなので、よかったのかなと。でも、細かいミスもあったし、決してパーフェクトなゲームではなかった。映像を見返しながら、反省して次に活かしたいです。

 何度かゴールキックのところで、誰もいかないシーンもあって、あれは僕がいくべき場面でした。(周囲との)コミュニケーションについては、時間がかかるかもしれないですけど、もっとやっていかないといけない」