2018.07.14

泣き上戸でも「泣いてないから!」
猶本光が最終戦を笑顔で飾りドイツへ

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

「絶対勝ちましょう!」――。

 猶本光は円陣から最後のピッチへと飛び出していった。7月8日、なでしこリーグカップ第9節、猶本は、この試合を最後に浦和レッズレディースから旅立つ。かねてより目標のひとつに掲げていたドイツへの移籍を叶えるのだ。ラストマッチは、今シーズン一度も勝てていない日テレ・ベレーザ戦。相手に不足はない。

浦和レッズでの最後の試合を勝ちで締めくくった ウォーミングアップ時も、開始直前のピッチでも、猶本は終始、感傷的にならないよう”いつも通り”を貫き、周りの意気込みの方が浮いてしまうほどだった。

 猶本曰く、”無失点でワンチャンス作戦”が功を奏した。速い組み立てのベレーザの攻撃をとにかく粘り強い守備で跳ね返した浦和。猶本はボランチとして出場。何度もポジションを取り直し、バランスを取り続けた。狙い通りの”ワンチャンス”が来たのは48分。待望の先制点は「最高のボールだった」と頭で合わせた長船加奈も言う猶本の左CKから生まれた。

 猶本にとっては苦手なサイドのCKで、「あれ、(猶本が)金曜日にCKの練習をしたいと言って、やってたんですよ。決まってよかった」と自分のことのように喜んだのはともにフィジカルトレーニングなどを積んできた安藤梢だ。

「体も技術も成長しているけど、やっぱりメンタル面が一番強くなった。これ(今日の勝利)がドイツへ挑戦する自信につながればいい」と、最後まで苦手なプレーを克服しようとする猶本の姿に目を細めていた。