2018.06.08

香川真司はドログバになれるか。
合宿地で控え扱いにもヤル気まんまん

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Masahiro Ura/Getty Images

 コロンビア戦まで10日あまり。ゼーフェルト(オーストリア)で調整を続ける香川真司が置かれた立場は、日本で行なわれたガーナ戦のときからあまり変わっていない。

 練習では、フォーメーションにもよるが、2列目のどこかのポジション、左MFやトップ下で宇佐美貴史や本田圭佑の控えとしてプレーしている。ガーナ戦前の練習では多少はあった、主力と思われるグループに入っての戦術練習なども、ゼーフェルトに入ってからは行なっていない。

 スイス戦前日は、コンディション調整のためか長くピッチに残り、ランニングなどを行なった様子だ。ロッカールームから出てきたのは、ほぼ最後だった。先発争いという意味では、状況はまだまだ厳しいと言わざるを得ない。

ゼーフェルトでの合宿中、笑顔を見せる香川真司 4月にドルトムントへ視察に訪れたときから、西野朗監督の香川についてのコメントは慎重すぎるほど慎重なものだった。負傷は「選手生命を左右するもの」とさえ言った。一方で香川は「そんな大げさなものではない」と説明していた。

 負傷の程度について正確なところはわからないが、指揮官がまだまだ香川のコンディションに満足していないのは確かだろう。先発組に入るのは基本的には90分の出場が前提となる。そこまで回復してはいないと見られているのだろう。

 それでもゼーフェルトに入ってからの香川はとても前向きだ。状態そのものもけっして悪くはなさそうだ。そして香川の場合、状態がよさそうなときは、けっしてカラ元気などではなく、実際にいいプレーを見せることが多いのも事実である。

 控え組にまわることが多いことについて聞かれると、強い口調でこう答えた。