2018.06.07

日本代表に福田正博が叫ぶ。
「3バックか4バック、どちらかに絞れ」

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 それによって西野監督が目指す「攻撃的なサッカー」に近づける。ただ、W杯で勝ち点を奪うにためには「攻撃的」という言葉に縛られてはいけない。ガーナ戦では3−4−2−1の両サイドのMFができるだけ下がらないようにしていたが、試合状況によって5−4−1で守るべき時間帯は必ずやってくる。

 5バックになることが「守備的」と捉えられてしまうこともあるが、最も避けるべきは、相手にサイドを攻められてDFラインが下がること。そこでしっかりボールを奪い、最終ラインから全体を押し上げるような攻めができれば、自ずと相手陣内に押し込む展開ができるようになるだろう。

 西野監督には、ガーナ戦で掴んだ手ごたえ、見えた課題を生かして、ヨーロッパ合宿でチームをブラッシュアップさせていってほしい。その先に、グループリーグでの勝ち点獲得が見えてくるはずだ。

◆ポーランド人記者がニンマリ。「わが国民はハリル解任を喜んでいる」>>

◆スペインの戦術家がガーナ戦の16選手を評価。「W杯で使えるのは?」>>

関連記事