2018.01.23

痛恨ミスの長身DF。屈辱をバネに、
エスパルスでレギュラーをつかめ

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by Getty Images

 チームバスに乗り込んだDF立田悠悟(たつた・ゆうご/清水エスパルス)が、取材陣の要望に応えてふたたびミックスゾーンに戻ってきた。4失点を喫したあとだけに足取りは重く、表情も硬い。

 そして、絞り出された言葉の端々に、悔根がにじんでいた。

長身を見込まれ守備ラインを託された立田悠悟だったが...「1戦目、2戦目に出させてもらって、自分としてはビルドアップも通用する、ヘディングも通用すると思っていたんですけど、正直、今日やってみてレベルの差を感じました。自分のなかで勘違いをしていたのかなって感じていて……」

 3バックの統率者として責任を重く受け止めているのが、その口調、その表情から伝わってくる。189cmの長身の立田が、心なしか、小さく見えた。

 中国で開催されているU-23アジア選手権。準々決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦したU-21日本代表(森保ジャパン)はビルドアップの拙(つたな)さを狙われ、次々とゴールを割られた。

 終わってみれば0-4――。完敗だった。

 なかでも立田が悔やんでいたのが、2失点目の要因となるミスだった。

 ゴールキックからのリスタートを日本はショートパスをつないで展開しようとしたが、敵のプレッシャーが強く、ボールを前に運べない。そして、MF井上潮音(いのうえ・しおん/東京ヴェルディ)からのパスが立田にわたったとき、そのミスが起きた。

 敵をかわそうとしたところを奪われ、ゴールを許してしまったのだ。

「前半に3点を獲られて試合が決まってしまった感じですけど、やっぱり自分のミスの2点目が大きかったと感じています」

 もっともこの場面、GK小島亨介(早稲田大)がゴールキックをショートパスで3バックの左のDF古賀太陽(柏レイソル)に預けた瞬間からウズベキスタンに狙われていて、立田がパスを受けた時点で完全に「ツモられて」いた。

 しかし、立田にとって、それはなんの慰(なぐさ)めにもならなかった。