2017.11.09

スペインの知将がハリルに提言。
「大迫、岡崎の2トップでいくべきだ」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

◯トップ下

「トップ下として適性があるのは香川真司なのだろう。ゴールの前で創造性を生かしたプレーは精度が高い。しかし、ここはそもそも迷いのあるポジションである。トップ下を置くべきなのか、という議論もあって然るべきだろう。トップ下には絶対的にプレーを創造し、チャンスメイクできる才能が欠かせない。もしその条件を満たせない場合は、トップ下を外し、2トップにして得点力を高めるべきだろう」

◯トップ

「私は、ひとつのオプションとして大迫勇也、岡崎慎司の2トップを推奨したい。

 大迫はディフェンダーとの駆け引きに長(た)けたFWだ。とくに弱点がない。背中を向けてプレーができるし、横からくるボールに対しても勝負でき、またサイドに流れるときのマークの外し方なども洗練されている。ただ、何かが足りない。足りないのがゴールだとするならば、シンプルに岡崎と組ませるべきだろう。岡崎は最もインテリジェンスを感じさせるFWだ。周りの動きと合わせながら献身的にプレーし、ゴールも狙える。

 他にも日本には可能性のあるFWがいるのかもしれない。しかし、私がスカウティングした中では大迫、岡崎の2人は突出している。ハイチ戦でゴールした杉本健勇は3番手だろう」

◆エチャリ氏によるW杯最終予選「選手16名の評価」>>

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事